トラスト会員のお店 ② 銀の森

フェアトレードの品物を扱う店・銀の森(ぎんのもり)は岐阜県御嵩町伏見の田園地帯の一角にあります。
店とは言っても、普通の住宅の一部を展示スペースにしているため外見からはちょっとわかりにくいかも知れません。
しかも、家の前は野菜と季節の花々が仲良く育っている「農のある庭」になっています。
目印はこの看板 ↓
d0078789_1754405.jpg


店主の小西和子さんが店を開いたのは8年前、ここだけではなく、いろいろなお祭りやバザーなどにも出張して小さな店を開いています。
小西さんは以前からアジアの環境、貧困、平和などの問題に関心を持ち「途上国の生産者たちに健康的な環境を保証し、製品に正当な対価を支払い、女性や子どもたちの権利を尊重する」というフェアトレードの仕組みに共感してこの仕事を始めました。
コーヒーやチョコレート、香辛料などのほか、衣類、アクセサリー、雑貨など多品目を扱っており、多くのの手がかかわる衣類などは長く大切に使ってもらえたらと願っているそうです。
d0078789_18113689.jpg

このトラストの生産者たちが育てた雑穀、お茶、もち米、しいたけなども扱ってくれています。

大豆畑トラストには初年度から参加している小西さん、今は大豆を自分で育てるまでになりました。
また、木曽川の水源の森となる御嵩町の森林の整備に、チェーンソーを携えて毎月参加しています。
d0078789_18192664.jpg


名鉄広見線「明智」駅から北へ徒歩10分、クルマでは国道21号線「高倉口」三叉路交差点の北の裏側約500メートルの田んぼと山に挟まれたところです。
電話・ファックス 0574(67)0538
朝市などにも気軽に出かけるそうですので、イベントなどを企画される際には声をかけてあげてください。
[PR]
by daizu19 | 2010-02-22 18:28 | トピックス
<< 春到来 【週刊:まめだより 35】 >>