カテゴリ:西尾( 41 )

枝豆発送開始

2013年度旬の枝豆をお届けします。
 今年の夏は全国的に異常高温にみまわれましたが、当地黒川も同様で、いつもの夏はクーラー不要の我が家でもさすがにこたえました。日中は山に入って木陰に涼を求めたり、こまめに庭に散水したりと工夫を凝らしたものですが、大豆にとっては高温が必要です。「豆を作るなら傍で火をたけ」と昔から言われてきましたが、大豆成分の窒素同化には15度以上の高温が有効(10度上がれば効果は2ばいになるとか)のようで、今年の出来はまずまずといったところ。福鉄砲特有の大粒の枝豆を実らせました。さて、「福鉄砲」なる名前の由来ですが、16年前の大豆畑トラスト立ち上げの時期にさかのぼります。皆で地場産の大豆品種を探していたところ母親が代々続くよい品種を持っているとの仲間の話からこの種を決定。当時この地方でふつうにつくられていた品種は「中鉄砲」でしたので母親の福代さんの名前をいただいて「福鉄砲」となずけました。ところがよく見ると「中鉄砲」の黒目にたいしてこちらは茶目。やはり別品種のようです。味が良いとして各地から種の引き合いがありますが、地域によってはなかなかうまくできない様子で大豆は地域特性が強いことが影響しているのではないかと思います。この地方の伝統大豆品種としてほかにも大粒の黒豆がよくつくられています。こちらも正月の料理用などとして水田の畦畔などにつくられてきました。農業の分野でもグローバル化が進む中、規模拡大と単一品種の栽培で効率生産が主流となる時代の流れですが、私どもは黒川の風土の中で残された貴重な伝統品種を守り、伝えたいと思います。

「流域自給をつくる大豆畑トラスト」生産者 西尾勝治
d0078789_344016.jpg

[PR]
by daizu19 | 2013-10-03 03:46 | 西尾

干し柿

秋本番、いろんな食材が秋を彩ります。
こちらは干し柿。庭先に植えた大型の渋柿(富士山や蜂屋柿など)の皮をむいて写真のように軒先に吊るします。3週間ほどで渋が甘味に変化した甘い干し柿となります。今年は豊作であちこちの農家の軒で熟成しています。山里の風物詩のひとコマ。
d0078789_1844448.jpg

[PR]
by daizu19 | 2011-11-05 18:07 | 西尾

まめばたけ

今年は農水省の環境保全型農業調査に有機農業モニターとして参加しました。(手前は表示看板)炎暑続きの昨年に比較して草丈の生育が旺盛でつるボケの不安もありますが、開花が終わり小さな莢がつき始めました。例年のように10月初旬の枝豆出荷が楽しみです。
d0078789_924083.jpg

[PR]
by daizu19 | 2011-09-03 09:25 | 西尾

黒千石

数年前からわずかに作り続けてきたこの大豆?黒くて小豆より小粒。昔北海道で栽培されていたけれど一時は絶滅品種といわれていたそうです。他の大豆にはないがんへの免疫力やアレルギー症状を抑える働きが認められています
d0078789_6234362.jpg

[PR]
by daizu19 | 2010-11-01 06:24 | 西尾

山の幸

えだまめ出荷も一段落した秋の一日キノコ採りに山に入りました。今年は山のキノコが豊作だとのうわさにたがわず両手のかごいっぱいのキノコが採れました。写真左からほうきたけ、あみたけ、しょうげんじたけの順。まつたけには出会えなかった
d0078789_1618745.jpg

[PR]
by daizu19 | 2010-10-28 16:19 | 西尾

福鉄砲

炎暑と日照りの大豆にとっても人間にとっても過酷な毎日が続いておりますが、9月に入って福鉄砲特有の大きな莢ができてきました。今年はいつもより枝豆の収穫期が早まるかもしれません。
d0078789_1224122.jpg

[PR]
by daizu19 | 2010-09-05 12:24 | 西尾

草刈り

生産者仲間の伊藤君と共同で耕作している田のボタ草を刈りました。田んぼの面積より広いくらいですが、2人で3時間かかりました。宇根豊さんではないですが、刈ったからといって収量が増えるわけでもなければ金にもならない仕事ですがそれが百姓の仕事。
d0078789_15592129.jpg

[PR]
by daizu19 | 2010-08-19 16:00 | 西尾

土寄せⅡ

8月に入り2度目の土寄せをしました。この畑は昨年は稲作水田だった所で連作障害がありません。真夏の太陽に向かって福鉄砲の葉が勢い良く伸びています。
d0078789_6245211.jpg

[PR]
by daizu19 | 2010-08-04 06:26 | 西尾

土寄せ除草

6月下旬に播種した大豆種が芽を出して10cmほどになってまいりました。雑草も負けじとばかりに広がりだしたところで除草を兼ねた1回目の土寄せをします。培土板を付けた管理機を畝間に通した後三角鍬で大豆の根元に土を寄せます。これから炎天下のもとでの作業が始まります。
d0078789_17185336.jpg

[PR]
by daizu19 | 2010-07-11 17:20 | 西尾

味噌づくり

1月31日の土曜日、生産者仲間が中山寿喜さんの工場の敷地に集まって味噌作りをしました。1口30kgとして8口分240kgになりますが、大鍋4杯で大豆を煮込み、軟らかくなったところで木臼の中でつぶし、塩、米麹、大豆麹と混ぜます。各自必要分だけ自宅に持ち帰り年末の熟成まで保管します。
d0078789_17145150.jpg

[PR]
by daizu19 | 2010-02-02 17:15 | 西尾