<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

雨よ降れ!

刈谷の生産者・加藤さんから、畑の様子が送られてきました。
「種まき体験会」でみんなで種をまいた大豆畑、順調に芽が出て苗が育ってきましたが、梅雨明け以来雨が全く降らず困っています。
d0078789_2365476.jpg

一見大丈夫に見えますが、近寄ってみると葉が枯れ始めています。
d0078789_238230.jpg

昨年加藤さんの大豆畑では、枯れ死した苗が出たうえ、順調に育ったものも花は咲いたけれど実が入らないということで不作でした。
花の咲く時期に水分が不足すると、そのような状態になりやすいのです。
今年はその前から、干ばつ気味となっています。
美濃地方でも全く雨がないのは一緒です。
これまでなら、かならず夕立ちが来てくれました。
気圧配置が変ってしまったのですね。
[PR]
by daizu19 | 2008-07-27 23:16 | 加藤

知多半島の大豆畑

今年から新たに生産者仲間に加わった堀雅也さんの畑「マーヤ自然農園」
自然農法で直播きした豆が、今のところ草の中で順調に育っています。
d0078789_229089.jpg

美浜町は知多半島の先のほうにありますが、木曽川から取水している愛知用水を利用しており、木曽川流域といえます。
今度、皆さんとともにこの農園を訪ねる機会を作りたいと思います。
[PR]
by daizu19 | 2008-07-24 22:19 |

今年も『トラスト夏まつり』へ!!

毎年恒例、白川町黒川の芝居小屋「東座」に泊まり込んでの夏まつり。
参加者を募集中です。

とき:8月2日(土)、3日(日)
    午後3時集合
ところ:岐阜県白川町黒川鱒渕の「東座」
持ち物:寝袋または毛布、食器
参加費:大人2000円、子ども1000円


まず、子どもたちには川でアマゴつかみ大会やセミ取りの楽しみがあります。
竹で食器を作った後は、そうめん流し、新鮮野菜と藤井ファームの無薬豚肉の鉄板焼き、焼きアマゴなどのごちそうが待ってます。
もちろん大人の楽しみ生ビールも。
交流会では、歌あり田畑や森のおもしろ話あり、田舎の夏を満喫してください。
翌朝は、自分で作る朴葉ずしで朝食をとった後、畑見学です。
大豆はどのくらいまで育っているかな?
天候次第では無理のない程度に農作業体験もあり。
まだ会員でない方も参加できます。
ふるって申し込みください。
このホームページからもどうぞ。
[PR]
by daizu19 | 2008-07-14 21:58 | ニュース

大豆の定植

7月最初の週末、梅雨ももうすぐ明けそうですね。
6月20,21日に苗床に種まきした大豆の定植を始めました。
畑(休耕田)2枚で1反と少しです。
寒冷紗をはずす前に、まず畑の周りをネットでぐるりと囲みます。
d0078789_2218145.jpg

もちろんイノシシなど獣たちから畑を守るためですが、キジ、ハト、カラスなど空からの攻撃には役に立ちません。

この休耕田は、周辺の一団の山間急傾斜農地とともに、管理していること自体に期間を限って国などからの補助金が出ています。
農産物の生産性にかかわりなく、野良仕事そのものに直接支払いするという、いわゆる「デカップリング」の考え方によるものです。
現在まだ十分とは言えませんが、これまでは各人の「農地を荒らしたくない」という思いにおぶさって自己責任のような形で管理をしてきたことに対し、鳥獣害の予防や草刈り、水路整備などにかかる手間とコストをきちんと評価することは大切なことです。
山の中ではそれでも耕作放棄地が増えています。

さて、種まきから約半月を経て、20センチほどに育った苗を2本、条間80センチ、株間40センチで糸に沿って移植していきます。
d0078789_14354563.jpg

d0078789_2241613.jpg

気温30度を超える中、なかなか進みません。
麦の脱穀など他に作業もありますが、今週中に何とか終えたいと思っています・・・

<今週の動物>
最近ここらでも増えたアナグマ。
床下を掘って侵入、食糧を食い荒らします。
d0078789_2253689.jpg

これは有害獣駆除の許可のもとで捕獲されたもの。
オリの中でも野性の猛々しさを見せていました。
[PR]
by daizu19 | 2008-07-05 23:04 | 宮澤