<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

11月30日 「宇根豊さん講演会」

この2008年は「流域自給をつくる大豆畑トラスト」がスタートしてちょうど10年目の区切りの年です。
そこで今年は恒例の収穫感謝祭にかえ、宇根豊さんを名古屋へお迎えして、講演会を開催することにしました。

宇根さんは、これまでの農学とはまったく違う視点から百姓仕事と田畑をめぐる自然とをとらえなおし、「農」が持っている大きな役割について発信し続けています。
この講演会は、「農」が守ってきたものは何か、また、なぜ「農」を守らなければならないのかなどを学ぶ良い機会です。
見せかけの豊かさの中で「食」の危うさを実感せざるをえない現代社会、いま一度足もとの「農」を見直すことで、これからの私たちの暮らしかたを考えてみませんか。

どなたでも参加できますので、お誘い合わせておでかけください。

   いま、時代は「農」へ向かう
とき:11月30日(日) 午後1時15分開場、30分開始  午後4時ころまで
ところ:名古屋市 愛知大学車道キャンパスK201教室
           地下鉄桜通線・車道駅徒歩2分
           JR中央線・千種駅徒歩12分
参加費:500円
*講演会後、大豆料理の試食があります

お問い合わせはトラスト事務局(☎0574-77-1638)まで。

なお、「農と自然の研究所」のホームページで、宇根さんの仕事の一端を知ることができます。
URLは http://hb7.seikyou.ne.jp/home/N-une/
[PR]
by daizu19 | 2008-10-23 18:47 | トラスト行事

枝豆の発送を終えました

10月第2週から第3週にかけて、西尾、宮澤の両生産者から枝豆をお送りしました。
今日15日で発送を完了しました。
万が一、届いていない方はお問い合わせください。
二人の畑は、今年は豊作でした。

宮澤家では夜なべ仕事、玄関の土間で、昼間に畑から抜いてきた大豆の幹から莢をもぎ取り、計量して箱詰めしました。
d0078789_21591534.jpg

時期がちょうど稲刈りと重なり大忙しです。

ここで枝豆の冷凍保存法を紹介します。
① 熱湯で3分半ほど茹でる(普段食べる時は約5分+余熱)
② 水につけて冷ます
③ 莢から実を取り出し、水気を拭き取る
④ 冷凍用の袋に薄く並べるように入れる
⑤ 一気に急速冷凍
これでとっておけば、あまり味が落ちずに、煮込み料理、かき揚げ、炒め物などに重宝しますね。

畑に残した豆は11月に収穫、そのあと乾燥、選別して、来年2月に他の生産者とともに一斉出荷します。
[PR]
by daizu19 | 2008-10-15 22:04 | ニュース