<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

枝豆発送開始

2013年度旬の枝豆をお届けします。
 今年の夏は全国的に異常高温にみまわれましたが、当地黒川も同様で、いつもの夏はクーラー不要の我が家でもさすがにこたえました。日中は山に入って木陰に涼を求めたり、こまめに庭に散水したりと工夫を凝らしたものですが、大豆にとっては高温が必要です。「豆を作るなら傍で火をたけ」と昔から言われてきましたが、大豆成分の窒素同化には15度以上の高温が有効(10度上がれば効果は2ばいになるとか)のようで、今年の出来はまずまずといったところ。福鉄砲特有の大粒の枝豆を実らせました。さて、「福鉄砲」なる名前の由来ですが、16年前の大豆畑トラスト立ち上げの時期にさかのぼります。皆で地場産の大豆品種を探していたところ母親が代々続くよい品種を持っているとの仲間の話からこの種を決定。当時この地方でふつうにつくられていた品種は「中鉄砲」でしたので母親の福代さんの名前をいただいて「福鉄砲」となずけました。ところがよく見ると「中鉄砲」の黒目にたいしてこちらは茶目。やはり別品種のようです。味が良いとして各地から種の引き合いがありますが、地域によってはなかなかうまくできない様子で大豆は地域特性が強いことが影響しているのではないかと思います。この地方の伝統大豆品種としてほかにも大粒の黒豆がよくつくられています。こちらも正月の料理用などとして水田の畦畔などにつくられてきました。農業の分野でもグローバル化が進む中、規模拡大と単一品種の栽培で効率生産が主流となる時代の流れですが、私どもは黒川の風土の中で残された貴重な伝統品種を守り、伝えたいと思います。

「流域自給をつくる大豆畑トラスト」生産者 西尾勝治
d0078789_344016.jpg

[PR]
by daizu19 | 2013-10-03 03:46 | 西尾